時間の流れを感じるモノ。
共に過ごす時間を感じるモノ。
余白を感じるモノ。
そして 「私」 が残るモノ。

時間、流れ、朽ちる、崩れる、叙情的、感傷的、揺らぎ、移ろい、馳せる
磁器という素材で表現したいと思っています。
                                   野田 里美




野田さんの作品との出会いは、作家ものを扱うcafeギャラリーでした。ギャラリーには多数の作家さんの作品が展示され、その中でひときわ目を引く器、 ”樹木の表皮を思わせる器” との出会いは感極まるものでした。、長年探し求めていた作品だったのです。

樹木の肌合いは釉薬、絵付けによるものでなく、土の質感で表現。型押しでなく、乾燥時の収縮率の違いで表現されています。そのため作品の表情は1枚1枚違ってくるそうです。

野田さんは器は経年変化、使い込むことによりさまざまに趣を変えていくもの。素敵に変化させる過程を楽しでほしいという願を込めて作陶されています。

2012年 Le Carrousel des metiers d’art et de creation」
( カルーゼル・デ・メティエ・ダール・エ・ドゥ・クレアシオン)
Carrousel du Louvre a Paris
(ルーブル地下 カルーゼル・デュ・ルーヴル内)
ジャパンブースにて出展
2011年 第50回 日本クラフト展  入選
2010年 第5回 (財)金津創作の森財団 「酒の器展」  入選
2010年 ビアマグランカイ 8  入選
2009年 工芸都市高岡2009クラフトコンペ 入選
2008年 (財)金津創作の森財団 「酒の器展」  入選
2005年 「第39回 女流陶芸公募展」  T氏賞
2004年 ビアマグランカイ 5  審査員特別賞
(財)金津創作の森財団 「酒の器展」  入選
2003年 岐阜県セラミックス技術研究所 研修生として2年在籍
2002年 名古屋に移築
2001年 埼玉県八潮市にて築窯
2000年 金沢わん・one大賞  入選


<野田さんの作品で料理を提供しているお店>

  フランス料理 le-sorcier (山口県)
  欧風野菜料理 vegetus(鎌倉)  
  魚介のイタリア料理 murata(名古屋)
  日本料理 方(名古屋)

 

お問い合わせ